陰毛処理後のアフターケア方法 | 脱毛後は肌ケアが必須!!

陰毛処理後のアフターケアの方法



陰毛の処理をしている女性は今や全体の8割以上にのぼります。

事実あなたの周りでもほとんどの方が処理済みだと思います。

しかしその中でもほとんどの方が何かしらの失敗をしています。

そんな失敗の中で一番多いのは陰毛処理後の肌荒れですね。

赤いぶつぶつが出来たり、陰部にニキビが出来てしまったり。

酷い場合は陰毛処理後に肌が爛れたという方もいたりするんです。

これらの原因は全て陰毛処理後のアフターケアを疎かにしたから。

陰毛の処理と言うのは少なからず肌を傷つけてしまう行為です。

だから陰毛処理後はしっかり肌のアフターケアをするのが重要。

重要というか、陰毛処理後のアフターケアは必須とも言えます。

そこで今回はそんな陰毛処理後のアフターケアの方法を解説します。

もしこれから陰毛の処理をするという方や既に最近したとい方は、

一度以下で陰毛処理後のアフターケア方法を参考に実践してみてくださいね。



陰毛処理後のアフターケアの具体的な方法と流れ

陰毛処理後のアフターケアの方法



では早速陰毛処理後のアフターケアの方法と流れについて紹介します。

以下で紹介する方法を抑えておけば脱毛後の肌荒れはなくなります。

コストもそこまで掛からないのでやっておいて損はありませんから、

もし陰毛の処理を検討されている方は一度実践してみてくださいね。



シェーバーで陰毛をカットした後はトリートメントを使う

陰毛処理後のアフターケアの方法陰毛の処理で形を整えたり長さを揃えたりした場合のアフターケアの方法を解説します。陰毛をシェーバーでカットした場合は必ず陰毛用のトリートメントを使うようにしましょう。

陰毛をシェーバーで処理した場合の肌トラブルの原因はカットした陰毛の毛先が尖っている事に付随します。その尖った陰毛が肌を刺激して痒みや肌荒れを引き起こします。それを防ぐためにシェーバーでの陰毛処理後は陰毛用のトリートメントを使うことをおすすめします。



この陰毛用のトリートメントですが、毛先の尖りを押さえ肌トラブルを無くすだけでなく、陰毛をふわふわの柔らかい毛並みにする効果もあるので仕上がり向上に使うのもおすすめです。

>>陰毛のトリートメントで柔らかくフワフワの陰毛を作る方はこちら



脱毛器やワックス、除毛剤での処理後は保湿クリームを使う

陰毛処理後のアフターケアの方法シェーバーの場合はあくまで陰毛をカットするだけでしたが、脱毛器やブラジリアンワックス、除毛剤の場合は毛根から根こそぎ陰毛を処理します。そのためシェーバーでの処理に比べて直接肌にダメージがいくので、よりアフターケアが大事になってきます。

ましてや除毛クリームなんかは肌への刺激が強いものもあるのでアフターケアは必須です。やはりこれらの処理方法でアンダーヘアを脱毛した場合は専用の保湿クリームを使うのが最も効果的です。



脱毛により敏感になった肌を鎮めてくれる鎮静作用のある保湿クリームを使うのがおすすめ。中にはこの鎮静作用を持ちながら気になる陰部の美白を進めるクリームもあるので使うべき。

>>美白効果を持つ陰毛処理後のアフターケア用保湿クリームはこちら



陰毛脱毛後のアフターケアなんて不要と思っている君へ!!

陰毛処理後のアフターケアの方法



絶対に陰毛の脱毛後はきちんとしたアフターケアが必須です。

しかし中にはこんな風に思っている方もいるのでないでしょうか。

『私は肌が強い方だし、アフターケアなんてしなくても平気。』

当記事はそんな方に向けて書いているというのが本質です。

今までそんな方が何人脱毛後の肌トラブルで相談されてきたか。

考えを改めてもらうためにも肌トラブルの例を紹介しておきます。



陰部から激しい痒みが発生し私生活に支障が出た。

陰毛をカットしたり、剃刀で全剃りした方に多いのがこの症状。

処理から時間がたって陰毛が伸びてくると酷い痒みが出てきます。

陰部の痒みは本当に不快感が強く、酷く集中力を欠きます。

また場所柄大っぴらに掻き毟ることも出来ず、かなり辛いですね。

気にせず掻いたとしてもそれがトリガーとなり以下の症状にも繋がります。



陰部に赤いぶつぶつや全体的な赤みが出てきて気持ち悪い

陰毛処理の跡に痒みが出たからといって陰部を掻き毟ったり、

除毛剤や脱毛器、ワックス脱毛後のケアをしなかった場合など、

陰部に赤いぶつぶつや赤みが出てくる可能性が非常に高いです。

痛みも伴う可能性もあるので不快感とストレスは計り知れません。

またせっかく脱毛しても見栄えが非常に悪くなるもの問題です。

ここまでくると下着との擦れだけでも不快感があったりします。



陰部がただれて膿が出始めたら病院へ通うはめに

安い除毛剤や質の悪い脱毛器などを使うと起こる症状です。

最悪の場合には陰部がただれて膿が出るなどが起こりえます。

こうなるともう病院に通うしかなくなり時間を捨てることになります。

常に痛みを伴いますし、下着も汚れて脱毛どころではありません。

陰部に細菌が発生し思いもよらない病気を引き起こすリスクもあり。

これらを防ぐためにも陰毛処理後のアフターケアは必須なんです。



陰毛処理後のアフターケア不足で一番怖いのは黒ずみ!!

一番怖いのは陰部の黒ずみ!!どう予防する!?

ここまで陰毛処理後のアフターケア不足で起きる肌トラブルの例について紹介してきましたが、確かにどれも起こってしまうと非常に厄介な症状ばかりですよね。

せっかくアンダーヘアを綺麗に見せようとして整えたのに、肌トラブルが出てしまっては元も子もありませんから。

でもそんな中でもアンダーヘア処理後のアフターケア不足で上で挙げたものよりも一番怖いのは何よりも肌の色素沈着です。実は陰毛処理をした後にそんな肌の黒ずみに悩む方が本当に多いんです。

場合によっては陰毛処理なんてしなければ良かったと思う方もいるほどで、それだけ陰部の黒ずみや色素沈着というのは面倒な症状です。

でもどうして陰毛処理後のアフターケア不足で陰部に黒ずみが出てしまうのか。その原理は非常にシンプルで、陰毛処理によって肌がダメージを受けると体の防御反応が働き、そんな肌ダメージを軽減するためにメラニンが多量に放出されるんです。それが陰部の肌に堆積して黒くなってしまうわけですね。

陰毛がある状態なら肌を隠してくれるので黒ずみはあまり気になりませんが、陰毛を処理してしまうと肌が露出されるので黒ずみが出てしまうと本当に目立ってしまって逆に見栄えが悪くなることもしばしばです。

だから陰毛を処理したあとはきっちりアフターケアを行うのが必須です。そしてさらに言うなら陰部にも使用可能な美白作用のある保湿クリームを使ってケアしてあげるのが賢い選択です。

最近ではこういったアンダーヘア後の陰部の黒ずみに悩む方が非常に増えているので、それに伴って質の高い黒ずみケアクリームも多数出てきています。正直これを使わない手はありません。

以下ではそんな陰毛処理後のアフターケアや陰部の黒ずみケアにもおすすめの美白クリームや正しい黒ずみ解消方法についてまとめた記事を紹介しておきます。

Vライン・Iライン・Oラインなどアンダーの部位ごとの黒ずみケアについて解説していますので、もし興味のある方は一度目を通しておいてください。

もう一度書きますが、アンダーヘア処理後のアフターケア不足によって起きる症状の中で一番厄介なのは黒ずみです。それを理解した上で最初からきちんと対策の意識を持っておけばアンダーヘア処理はかなり綺麗に行うことができますからね。

>>VIOライン脱毛の黒ずみケアにおすすめ美白クリームは!!



陰毛処理後のアフターケアに最もおすすめなのは!!

陰毛処理後のアフターケアの方法



陰毛処理後のアフターケアの方法はどういう処理をするかによって変わります。

上でも書いたように、シェーバーならトリートメントがおすすめの方法ですし、

そのほかの陰毛を毛根から脱毛するタイプの場合はローションがおすすめです。

ただ、基本的には陰毛の脱毛後アフターケア専用の保湿クリームを使うことで、

どんな脱毛方法や陰毛の処理方法であっても対応することが可能です。

そのため陰毛の処理を検討されている方はひとつで良いので持っておくべきです。

以下では参考にそんなアフターケアにおすすめの保湿クリームを紹介しています。

陰毛処理後のアフターケアを考えている方は一度チェックしてみると良いでしょう。



陰毛処理後のアフターケアの方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ